パリはみちづれ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【JOHNNY】メディアの中の・・・

<<   作成日時 : 2007/12/22 04:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

映画スターになると、もう俳優になることはできない。



こういう仕事ができて、



自分がどれだけ恵まれているかってことはよく分かっている。



心から理解している。



でも、俺にとっては俳優でいる事の方がもっと重要なんだ。
                      





                    ――2000年のある日、

                ジョニーは、インタビューでこんな事を語っている。




前人未到の超大ヒット作・・・
パイレーツオブカリビアンで、ジャックスパロウ役が当たり
4〜5年ほど前から
数々のメディアでの俳優・JOHNNY DEPPの露出が急激に増えた。


それ以前とは、明らかに違う。



画像















過去数回、公開間近の主演作品のプロモーションで来日。
日本のTV番組にも、登場してくださるように・・・。

画像















空港には出迎えにメガ級なファンの数。
そして、沢山の関連書が出版され、
今では映画雑誌にジョニーデップが掲載されていないものを
探すことのが困難に・・・・。

ファンにとっては、非常に喜ばしく
更に、ジョニーデップを知る人が増え
そして、元々の熱烈なファンは、
更にジョニーデップという魅力あるスターの虜に・・・・。

まぎれもなく、いちファンのNIMOも、心の底から、この現象を楽しみに
励みに、そして、どんどんジョニーの魅力に引き込まれていく。

ところが、

つい先日、日ごろ観覧しているmixiの関連コミュニティの中で
【ジョニーの来日について】ひとりのファンの方が綴った
ある言葉が、とても気になった。

文章をそのまま引用する事ができないが、
意味を察すると、

ジョニーの存在。
来日にて、その気になれば
ジョニーという存在を生で
この目に焼き付ける事ができるようになった現在、思うこと
この目に焼き付ける事に
抵抗がある。
見たいけど、見ないでおきたい・・・・
会えるけど、会えない存在でいたい・・・・



これは、とても目を惹く、発言だと思った。
同コミュニティ内では、1月に日本でも公開される
主演作Swenny Toddを引っさげ
来日が決定している中、沢山のファンの人が
<空港にお出迎えにいきたい!>
<イベントでサインをもらいたい!>
<ひと目、生ジョニーを見たい!>
と、相当盛り上がっている中での
このコメントだ。。。。


へえ〜〜〜っと・・・
このトピ主さんの意見に同意される
沢山の書き込みを読みながら、私はこんな事をふと、思った・・・

 

日本のショービジネスはとっても高級なものを
庶民化してみせる文化がある感じがする。

海外のメディアからも日本で売れれば大儲け!みたいな感覚で
みられている感じがするのも、私だけではないでしょう。

単なるSHOW
クリエイティブな人や芸術性の高い存在価値あるもの との境界線が
非常に曖昧な気がするのです、
なんとなく日本のメディアは・・・・。

でも、JOHHNY DEPPという俳優の
功績や俳優としての価値をあげていくモノ――

それはやはり、
沢山の人の目に頭(記憶)に触れていく事なんでしょうね。(=露出)

ジョニーを支えている沢山の関係者もジョニーご自身も、
きっと、沢山の人たちから声援をもらっているから
やりがいになっているんではないかな?と思うのです。

ジャック・スパロウのヒットで、
以前は【アイドル化】【商品化】される事へ
異常なまでに拒絶をしていたジョニーが
現在では、【自分の顔が様々なプロダクト】に描かれていたり
作品のベースになった
ディズニーランドのアトラクション【カリブの海賊】に
自分とそっくりなお人形がいたり・・・・


画像















それ自体を楽しんでいらっしゃるときた日には、
そうなりたくてもなれないでしぼんでいく俳優の数の方が、
圧倒的に多い中、
氷山の一角(頂点)に上り詰めている、
この神様JOHNNY DEPPの君臨を

是非、もう少し楽しませて頂こうと・・・・




                




画像










ちなみに、現在
NIMOの携帯待受になっているのが
こちらのJOHNNY
光の入り方がキレイで
お気に入りの一枚です






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
NIMOさん、こんにちわ!

なんだか、とっても考えさせられる記事でした。
神聖な物を取っておきたいような
気持ちもわかります。

でも、やっぱり私も単純に、
ジョニーをたくさん観られることは嬉しいこと
と割り切って楽しみたいと思います。

なんだか、色々考え記事ににしてしまいました。
文中リンク張らせていただきました。
事後報告ですいません。

ところで、ヒルズには行こうと思っています。
NIMOさんは、どうされますか。
皆さんとお会いできたらなぁ〜と
思っているのですが…

ri
2007/12/23 17:23
私はJohnnyが好きです。彼ほど魅力に溢れた人はいません! でも私の周りには興味を持つ人がいなくて。。。mixiの関連コミュを覗いては、沢山のJohnnyへの熱い思いのコメントに同意しまくるのが楽しみなんです。 で、そのトピ、私も拝見しました!なるほど〜こんな思いもあるんだな〜しんみりと感心(´・ω・`;)にわかファンやマスコミにキャーキャーされると逆に寂しく感じること。。ファン歴浅い私もあります! でもJohnnyはいつでもどんな時でも、誠意を持ってファンに尽くしてくれます。「ファンは僕のBOSSだ」「歓声に慣れてしまったら、おしまいだ」−MIMOさんよりーこのいじらしさに答える手段はやっぱ、‘歓声’なのかな〜って思います。  ショウビズ、メディアとJohnnyを愛する人の思いのギャップと自らのJohnny愛をすばらしい文章にまとめてくれたNIMOさんにBRAVO!!ですっ^0^
 何度もしつこい登場で(。・人・`。))ゴメンネ
つっちー
2007/12/24 00:45
riさん♪*文中リンク*とっても光栄です★ありがとうございました。私もmixiの中で、いろいろ、コメントを入れていたんですけど<想い>が溢れてきてしまって、途中で、止めました(長くなりすぎて)それで、自分のブログに書いてみたんです!実際に会ったりしたら、固まるんだろうなって。多分、呼吸すらできなくなるんだろうねって。え???じゃ〜生きて帰れないよ〜〜〜@_@;<ヒルズ>私は、どうしたってお仕事を休んで・・っていうのも、無理なんです=_=;(涙)みなさんとも、絶対、いつの日かお会いしたいと想っているので、そのときはどうぞよろしくお願いします!★riさんはじめ、皆さんが是非!ジョニーの優しいまなざしを体いっぱい受けてお帰りいただけることを願っています。でも!でも!行きたい〜〜六本木駅までたった、30分しか離れていないんです!うちの会社。社内から、涙を流しながら仕事をこなすか。BUT!実は、そんな私も、プレミアには応募してるんです(笑)もし、当たったら、その日は、上司に正直に言って(ほんとは、言えない)言っちゃうつもりですが。ああ〜〜〜どうしよう〜〜〜@_@;




NIMO
2007/12/25 23:33
つっち〜さん♪
>そのトピ、私も拝見しました!なるほど〜こんな思いもあるんだな〜しんみりと感心(´・ω・`;)

そう!なんですよ〜
私も、大変関心して読んじゃいましたっ。
あのトピ主さんは正直な方なのでしょう。きっと。

>Johnnyはいつでもどんな時でも、誠意を持ってファンに尽くしてくれます
嗚呼〜〜心洗われますね・・本当に-_-*

>このいじらしさに答える手段はやっぱ、‘歓声’なのかな〜って思います

<いじらしい>という言葉に涙が出そうです。
本当におっしゃるとおりですね〜(泣)


>何度もしつこい登場で(。・人・`。))ゴメンネ
と、と、とんでもないです>_<;
いつもコメントいただいて、喜んでいる私です☆


NIMO
2007/12/25 23:40
NIMOさん、こんにちわ。
ご無沙汰しておりました。

感慨深い記事をありがとうございます。
riさんのとこでもコメントさせていただきましたが、NIMOさんの鋭い視点と奥深い感性にとても共感できました。

NIMOさんや私のように長年のジョニーファンにとっては今のジョニーフィーバーって想像もつかなかったですよね(いつかは爆発するかも・・とはちょっと思ってたけれど 笑)

ジョニーをそばで見ても、サインをもらっても、写真をとっても・・・決して彼は『近く』はなりません。逆に会うことで彼の希少価値といい意味での存在の遠さを痛感します。

≫単なるSHOWとクリエイティブな人や芸術性の高い存在価値あるもの との境界線が非常に曖昧な気がするのです

ここに明確な線引きができるのはメディアではなく、ジョニー自身の在り方と、それを受けるファンの意識なんですよね、きっと。

なんだか上手く言えないけれど。
世の中が彼をどう扱おうとも・・・
やっぱりジョニーはいつだってジョニー・デップ
だし、神様であることに違いないです。
ヘンなオチですみません・・(涙)
睦月
2007/12/26 16:36
睦月さん♪ご無沙汰してました

コメント有難うございます!!
年末いかがお過ごしですかぁ〜?
N.Y.の寒さを体感しているから
東京の寒さは甘い甘い!って
感じでしょうか^-^*
この記事の元になった方(mixi内の)の
コメントは本当に興味深かったです。
でもそれより、riさんや睦月さんからの
視点も本当に共感できる事が多くて・・・。
ジョニーへの敬意とも申しますか・・・

本当に神様なんだなぁ〜って。
オチ。再度持ち込み(笑)

>ここに明確な線引きができるのはメディアではなく、ジョニー自身の在り方と、それを受けるファンの意識なんですよね、きっと。

普段から感じているんですけど。
ジョニーのファンの方は、
どの方もキモチが【柔らかい】です。
なんだか、とっても【温かいです】。
これは、まさにスピリチュアルな聖域とも
いいますか。。。いつまでも「近くならない」
カリスマでいて欲しいですね!
嗚呼〜ジョニーの前で気絶してみたい
今日この頃です@_@;



NIMO
2007/12/26 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
【JOHNNY】メディアの中の・・・ パリはみちづれ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる